不動産業を開業するのにはどうしたらいいの?

いわゆる「不動産屋」さんの開業をするのには,宅地建物取引業法(宅建業法)に定められている免許を得なければなりません。

これが「宅建業の免許」と言われる免許です。

宅建業法の目的は、不動産の売買における「購入者等の利益の保護」と「不動産流通の円滑化」です。

免許の種類

宅建業の免許は、その事務所の設置の仕方によって国土交通大臣免許と都道府県知事免許の2種類にわかれます。

  1. 大臣免許・・・2以上の都道府県に事務所を設置して宅建業を営む場合
  2. 知事免許・・・1の都道府県のみに事務所を設置して宅建業を営む場合

※1つの都道府県内に複数の事務所を設ける場合には,「2以上の都道府県に事務所を設置」には該当しないため,必要となる免許は知事免許となります。

免許の有効期間

免許の有効期間は,免許された日から5年間です。5年ごとに更新を受けなれば失効します。

報酬額一覧

分類 業務の内容 報酬(税別) 備考
宅地建物取引業免許新規申請 知事免許 120,000円~
大臣免許 170,000円~
宅地建物取引業免許更新申請 知事免許 70,000円~
大臣免許 120,000円~
その他 宅地建物取引業者名簿登載事項変更届 30,000円~
宅地建物取引主任者登録 42,000円~
保証協会加入手続き 150,000円~