さいたま市大宮区北区の相続・遺言書・家族信託・贈与ならお任せ下さい。(運営:行政書士事務所ロータス)

相続に含まれる財産の範囲と特徴

目次

自筆証書遺言とは

自筆証書遺言は、遺言を行う人(遺言者)が自らの手で全文を書き、日付を記入し、署名または押印をすることで成立する遺言書の形式です。

この形式は、他の形式の遺言書と比べ、手軽に作成できることが特徴です。

以下にその主な特徴を詳しく説明します。

自筆証書遺言の特徴と要件

1. 全文の自筆
遺言者は遺言書の全文を自分自身で書く必要があります。遺産の分配に関する指示や遺言者の意思が明確に示されている必要があります。
2. 日付の記入
遺言書には、遺言を書いた日付を明記する必要があります。これは、遺言書がいつ書かれたかを明確にするためです。
3. 署名または押印
遺言書の末尾には、遺言者自身の署名または押印が必要です。これにより、文書が遺言者自身によって作成されたことが証明されます。

自筆証書遺言のメリット

手軽さ

自筆証書遺言は、特別な手続きや証人、専門家の介入なしに作成できます。そのため、プライバシーを保ちながら、また費用をかけずに遺言を作成することが可能です。

プライバシーの保護

遺言者自身によって書かれるため、遺言の内容を他人に知られることなく遺言を作成できます。

 
 

自筆証書遺言の注意点

遺言の内容が不明瞭な場合
自筆で作成されるため、遺言の文言が不明確であったり、法的な効力に問題がある場合があります。これは、後に遺言の解釈を巡って紛争が生じる原因となることがあります。
保管の問題
自筆証書遺言は、遺言者が死亡するまで適切に保管する必要があります。適切な保管がされていないと、遺言書が紛失したり、改ざんされるリスクがあります。 自筆証書遺言は、その手軽さから多くの人に利用される遺言書の形式ですが、内容の明確さや保管方法には特に注意が必要です。遺言の内容が複雑である場合や、紛争を避けたい場合は、法律の専門家に相談することをお勧めします。